公式では時間がかかりすぎることも

Apple社が行っているiPhone修理を利用すると、配送修理の場合は戻ってくるのに1週間かかります。
また、Apple Store直営店、あるいはApple正規サービスプロバイダに持ち込んで修理を依頼するとしても、事前に予約をしてからでないと、飛び込みで修理を受け付けてはくれません。
これは、iPhoneが人気のスマートフォンであることと、ユーザーが多いこととが大いに関係しています。
公式サイトから修理依頼をする方法がもっとも信頼がおけるのは間違いありませんが、なにしろ申込数が多いので、時間がかかるのが難点です。
1日持てなくなるだけでも不便なのに、1週間も待てないという人がほとんどでしょう。
例えば、破損の程度がかなり激しく、基部まで壊れていそうだとなった場合には、公式なルートで修理をしてもらうのが安心ですし、そうしたいという人も多いでしょう。
けれども、例えば液晶を覆っているガラス面にひびが入っただけで、液晶部分は問題なく反応しているというのであれば、ガラスの交換だけで済む話です。
それなら、もっと早く直してくれるところはないだろうかと探すのが、急いで修理してしまいたい人の本音だと思われます。

専門に修理を引き受ける店がある

正式に修理を依頼したいからと予約をしたものの、直営店にはすでに修理待ちの人が大勢いるということもあり得ます。
そうなると、その日中に修理ができたとしても、ショップが開いている時間に取りに行けなければ、翌日以降にしか受け取れません。
また、開店時間には仕事をしていて、さらに閉店時間後にしか仕事をあがれないという人であれば、休みまで待つか、家族の誰かに頼んで引取りに行ってもらうしかないでしょう。
公式ルートを通しての当日修理は、かなりの割合で当日に受け取れないというケースも多いのが実情です。
その点、iPhoneを専門に修理している業者であれば、予約なしで飛び込みで行っても対応してくれるところがほとんどです。
繁華街やビジネス街に近いところに店を構え、比較的夜遅くまで営業していますので、仕事を終えてから立ち寄ることができます。

ガラスの交換だけなら正規修理より安い

画面が割れた状態はもちろんのこと、液晶まで交換が必要だったとしても軽度の損傷であればその場で交換が可能です。
iPhoneのどのシリーズなのかによって修理代金は変わってきますが、だいたいにおいてApple社で設定している修理代金より安く交換できると考えていいでしょう。
ガラスにひびが入ってしまったという程度であれば、むしろ公式修理に申し込むより、早くて安く交換できる修理業者を使う方が、とにかく素早く修復することができます。
液晶の損傷が重度であった場合も、料金はあがるものの、修理対応はしてくれますので、相談してみるのがおすすめです。

ガラス破損だけじゃない

修理依頼の内容で最も多いのが、ガラス面が割れたり、ひびが入ったというものですが、中には電源ボタンが反応しないという故障もあります。
この場合も、修理店に持ち込むことによって、iPhoneスリープボタンの交換修理をやってくれます。
さらに、ホームボタンの修理やカメラの交換修理も受け付けていますので、公式修理以外の選択肢としては、iPhone修理を専門に手掛けている店を探すのがいいでしょう。
便利な場所に店舗を構えていますが、場合によっては待たなくてはならないことも想定し、オンライン予約をしておくという便利なサービスもおこなっています。
店に行ける時間がほぼ特定できるのであれば、予約をしておくことで、優先的に修理をしてもらえます。
修理内容によっては30分で済む場合もあれば、1時間程度かかることもありますので、店舗の営業時間内に終わらせたい場合は、予約してから行くのが安心です。

  • Posted on 10. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

iPhoneが壊れたと思ったら冷静に対処

今や毎日の生活に欠かせなくなったiPhoneは、日常的に携帯しているからこそ落としたり壊したりすることが多くなっています。
そんな時、大事なデータや修理中のiPhoneのない生活を考えると不安になりますが、慌てて対処すると場合によっては完全に壊れてしまうかもしれません。
そうならないためにも、壊れたと思った時の対処法について頭に入れておきましょう。
まず、水没させてしまった場合は速やかに電源を切ってください。
すでに電源が切れているなら電源を入れないように気をつけます。
本体をなるべく動かさないようにタオルなどで外側の水気を拭き取り、SIMカードは外しておきましょう。
イヤホンジャックなど隙間に入り込んだ水気もしっかり拭き取って、乾燥したティッシュなどで包んで乾燥剤と一緒に密閉容器にしまいます。
画面のひび割れの場合は、なるべく画面に触らないようにするのと、画面をラップやフィルムで保護してひび割れが広がるのを防いでください。
操作できる状態ならバックアップを取っておきます。
その他、見ただけでわかるような壊れ方をした際はなるべく触らないようにして、速やかにiPhone修理に出しましょう。

iPhone修理ができるのはどこ?

iPhoneを修理できるのは、主にApple StoreやApple正規サービスプロバイダ、NTTドコモ以外のキャリアショップ、非正規の修理業者の4つがあります。
それぞれの特徴を把握して、自分に合っているところを選んでください。
Apple Storeは全国に8か所あり、直接持ち込みによる修理や配送修理サービスが利用可能です。
Apple正規サービスプロバイダはアップルに認定された店舗で、Apple Storeと同等のサービスが受けられます。
auやソフトバンクなどのキャリアショップでも修理サービスを行っており、本体交換、バッテリー交換、ディスプレイ修理などが可能です。
交換だけなら即日修理もできるでしょう。
ただし、これらの修理サービスでは端末のデータをすべて消去するため、事前にデータのバックアップが必要です。
一方、非正規の修理業者では本体交換以外の細かい修理に対応しています。
サードパーティ製パーツによる交換を行うため安く修理できることが多く、全国に数多く業者が存在するので即日対応しやすいのが特長です。
ただし、ここで修理すると保証期間に関係なくアップルの製品保証を受けられなくなるのでご注意ください。
リペア本舗横浜店の店舗情報 http://repairhonpo.com/shoplist/yokohama/

修理に出す前にここだけはチェックしておこう

早く修理に出したいと焦っても、サービス内容をしっかりチェックしておかないと後でこんなはずじゃなかったと思うかもしれません。
失敗しないためにも、以下の点だけは確認しておきましょう。
一つ目は、修理にかかる期間や代替機が借りられるかどうかです。
即日修理できるならいいですが、配送修理の場合は1週間以上かかることがあります。
その間、iPhoneが使えなければ仕事ができないという方も多いでしょう。
アップルの保証期間内なら、Apple Storeや正規サービスプロバイダで代替機が借りられます。
また、iPhoneを購入したキャリアでも修理中の代替機を貸し出すサービスがあり、非正規でも業者によっては代替機を用意しているので必要な場合はしっかり確認しておきましょう。
二つ目は、データが残るかどうかです。
消えたら困るという方も多いですから、バックアップを取っていないならこの点も確認する必要があります。
非正規修理業者ではパーツ交換が主なので、水没などでデータが消えてしまったのでなければデータは残るのが一般的です。
ですが、Apple Storeや正規サービスプロバイダ、キャリアショップなどでは修理の際にデータを初期化してしまいます。
キャリアショップではデータ復旧サービスなどもありますが、基本的には自分でバックアップを取っておかなければ消えてしまうものと考えておいてください。
どうしてもデータを消したくないなら、非正規修理業者を選びましょう。

  • Posted on 4. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

iPhoneをすぐ修理したい時に便利な非正規修理業者

iPhoneをうっかり落としたり水没してしまった時、できればなるべく早く修理したいでしょう。
ですが、Apple Storeなどの正規店は数が少なく、とくに地方に住んでいる方は近くになくて困ることも少なくありません。
持ち込める距離にない場合や郵送修理だと1週間以上かかると言われれば、地元の非正規店で修理したくなるのも当然です。
そんなiPhone修理の最後の砦とも言える非正規店ですが、正規店との違いやデメリットを知らずに利用すると失敗してしまうこともあります。
後悔しないためにも非正規店のメリットとデメリットを十分理解した上で利用しましょう。

非正規店の3つのメリット

非正規店を利用するメリットは主に3つあります。
まずは先ほども挙げた全国各地にあるということです。
地方に住んでいても探せば行ける範囲にあることが多いですし、たくさんあるので利用者が分散しています。
そのため正規店と比べると混雑することが少なく、見積や修理にも素早く対応できるのが特長です。
早ければ30分程度で修理が済むため、忙しい方でも気軽に修理に出せます。
また、正規店では全体の不具合を特定するためにデータを初期化するのが一般的ですが、非正規店では故障個所のパーツ交換を中心に行っているので基本的にデータは消しません。
自動でバックアップを取る設定にしているから大丈夫と正規店に修理に出したら、自動でとれるのは最近のデータだけだったと後から知って後悔する方もいます。
データを消さないというのも大きなメリットだと言えるでしょう。
そして、料金についてもメリットがあります。
正規店では修理してからでないと正確な修理金額は出してくれませんが、非正規店では修理箇所によって明確な料金を提示しているのが一般的です。
純正パーツを使っていないため料金が安くなるケースも多く、お得に修理できます。
この純正パーツとはAppleが契約している組立工場で扱っているものを指し、その組み立て工場がパーツを取り寄せているメーカーは同じ製品を別のところにも卸しているのです。
つまり組立工場と全く同じパーツを取り寄せている非正規店を選べば品質の問題もありません。

薄れつつある非正規店のデメリット

非正規店を利用することで考えられる1番のデメリットは、修理したことでメーカーやキャリアによる保証の対象外になる可能性があることでしょう。
必ずしも保証対象外になるわけではなく、修理の際に非正規店での修理の痕跡を発見された場合のみです。
例えば純正品と同じメーカーの同じパーツで修理した場合、刻印まで細かくチェックするスタッフに当たらなければ気付かれない場合もあるでしょう。
また、AppleCare+などが適用されなくなるとは言え、非正規店で交換したのがバッテリーやロジックボードでなければ正規店での修理が可能です。
独自の保証サービスを提供する非正規店も登場しているため、状況に応じて使い分けることが可能です。
他にも、非正規店のデメリットとして業者によってサービスの品質に差があることがあげられます。
腕のいいスタッフが揃っているところを選べば正規店並みの修理技術を持っていますし、悪質な業者でなければ明瞭会計で安心してiPhoneを預けられるはずです。
これらは事前に評判や実績などを調べればわかることですから、回避できるデメリットだと言えます。
このように、非正規店によるiPhone修理は、正規店との違いを分かった上で利用するなら大変便利なものです。
サービスの質や評判が良く、手厚い保証サービスを提供している修理店を選べば非正規店のデメリットはごく小さなものだと言えるでしょう。

  • Posted on 30. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

スマートフォンの薄型化

フィーチャーフォンと比べると、スマートフォンはネット接続でできることの範囲が大きく広がったことや、内蔵するカメラの性能がよくなったこと、さらには操作面全体がガラスであることなどにより、フィーチャーフォンよりも重量が増しています。
今後、フィーチャーフォンはなくなっていくとされていますので、フィーチャーフォンユーザーはいずれはスマートフォンに切り替えなければなりませんが、初めて持った時にその重さに驚かないようにしておく必要がありそうです。
また、全面をガラスで覆われているということは、これまで使っていたフィーチャーフォンに比べて、はるかに破損の確率が上がることを意味します。
フィーチャーフォンでも、屋外で立った状態で操作しているときにうっかり地面に落とせば壊れる可能性が大ですが、スマートフォンならほぼ確実にガラスが割れるでしょう。
下手をすると液晶や基部にまで損傷が及ぶかもしれません。
薄型化されて使い勝手がよくなった分、破損のリスクは高まったと考えてよさそうです。
特に慣れないうちは、くれぐれも落とさないように注意しなければなりません。

選ばれているのはやっぱりiPhone

初めてスマートフォンを持つという人の中には、本当はガラケーでいいのだけれども、周りが持っているからとか、ガラケーが壊れたので新しいのを買いに行ったら、スマートフォンのほうが安かったからといった理由で持つことになる人も多くいます。
そうした人たちはスマートフォンの違いがよく分からないことがほとんどなのですが、AppleのiPhoneが人気であることくらいは知っているという人もいます。
あの独特のリンゴのロゴマークが付いたものにしようといった程度でも、機種の絞り込みには役立つでしょう。
そんなiPhoneは、やはりスマートフォンのなかでも断トツの人気を誇っていますので、ユーザーが多いのが特徴です。
人気があり、多くの人が選んでいるなら問題ないと思われますが、実はある事態に遭遇した時に非常に問題になります。
それが、破損や損傷など、修理が必要な事態に陥ったときです。

公式サイトから修理を依頼

iPhoneの修理はApple社の公式サイトから、配送修理か持ち込み修理かのどちらかを選ぶシステムになっています。
配送修理の場合、電話もしくはメールで連絡をとると、指定の配送業者が取りに来てくれます。
持ち込み修理の場合はApple Store直営店、あるいはApple正規サービスプロバイダに予約をしてから持ち込みます。
店に持ち込めば、可能な限りその日のうちに修理して返すようにしてくれますので、近くに店がある場合は予約をして持ち込むのがもっとも早い修理方法です。
配送修理の場合は、業者が引き取りに来てくれますので、自分で持ち込まなくて済むメリットはありますが、修理を終えて戻ってくるまでにだいたい1週間かかります。
たいていの人は、1週間どころか、1日待つのさえ不便と感じるでしょう。
また、持ち込んだとしても修理内容によってはその場での修理が難しく、リペアセンターに送られることになり、そうなるとやはり1週間待たなければならなくなります。
これはひとえにiPhoneユーザーが多く、必然的に修理依頼件数も多くなるためです。

壊してしまいそうな人にはおススメ

スマートフォンを持ったら、落として割ったりしそうだと自分で思う人は、AppleCare+の特典として受けられるエクスプレス交換サービスが利用できるようにしておくのがおススメです。
これは、新品、あるいは新品同様のiPhoneを宅配便で届け、その場で壊れたものと取り換えてくれるサービスです。
出荷時の状態のiPhoneと交換になりますので、データのバックアップは必須ですが、バックアップが取れているなら速やかに交換してもらうことで、修理にかかる時間を大幅に短縮できます。

  • Posted on 23. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

正規店と非正規店の違い

人気のスマートフォンであるiPhoneを持つ人は多く、新機種がどんどん発売になることもあって、まだまだその人気は衰える兆しを見せません。
特徴的なのが、新しい機種が発売されても、以前の機種も引き続き販売し、ユーザーに選択肢を多く残しているところです。
そのため、修理は各機種に合った方法で行うことになりますので、しっかりとした技術を持ったところにお願いすることが大事です。
iPhoneにはAppel社のサイトから修理を依頼する方法と、正規店に持ち込む方法とがあり、Apple社としては当然のことながら正規ルートでの修理を勧めています。
サイトに修理依頼の手順が掲載されていますので、それを元に手続きを進める他、量販店の一部にも正規修理を行っている店がありますので、そこへ持ち込むという方法もあります。
Apple Storeは修理待ちで混雑している可能性が高いので、量販店の正規修理を狙ってみると、意外と早く直してもらえるかもしれません。
ただ、正規店での修理の場合、もしかすると1週間以上は手元に戻ってこない可能性があると考えておいたほうがいいでしょう。
中途半端な修理をしたのでは会社の信用にかかわりますので、きちんと修理したいと考えて専門の修理部門へ送られる可能性が高いからです。
また、戻ってきたときには出荷時の状態になっているため、データのバックアップは忘れないように取っておく必要があります。

街で見かける修理専門店はどうか

繁華街やビジネス街に、今や必ずと言っていいほど見かけるようになったのが、スマートフォンの修理を受け付ける店です。
iPhoneを専門に修理している店もありますので、故障した時にはどちらに修理に出すべきかで悩む人も出てくると思われます。
修理専門店のいいところは、なんといっても修理にかかる時間が短いところです。
ガラスやバッテリーの交換程度であれば30分ほどで終わりますし、データを残したまま修理をするとしている店もあります。
正規店では必ずバックアップが求められるのに対し、修理専門店がデータそのままで直しますとしていると、急に壊れてバックアップも取れないという時には、こちらの方がいいのではと思ってしまうでしょう。
機械ものの宿命として、壊れたときにはそれまで中に入っていたデータが消えてしまうと考えるのが基本ですので、データそのままがどのような意味を指しているかを聞いてから、修理に出すかどうかを考えるという手もあります。
急に電源が入らなくなったり、画面にタップしても反応しないという場合、日ごろからバックアップを取っていなければ、正規店に修理に出せば間違いなく消えます。
そうなると、iPhone修理専門店のデータそのままに望みを賭けて、修理を依頼するという選択肢を選ぶ人の割合はかなり高いかもしれません。

1年以内なら公式という選択

どこのキャリアで契約していても、iPhoneを購入して1年以内であればApple社による無料保証の対象となります。
基本的に本体を丸ごと交換してくれる上に、修理費用は一切かかりませんので、買って1年以内であれば、多少の不便は我慢しても、保証で対応してくれる正規店に持ち込むという選択がベストでしょう。
どうしてもないと困るから、実費を払っても修理が早い街中の修理店に持ち込むという人以外は、正規店に持って行くことで修理代金を掛けずに新しい物に交換できます。
保証期間の対応でもやはりデータの移行はやってくれませんので、バックアップを取っていないと苦労します。
つまるところ、スマートフォンを持ったなら、データのバックアップを取っておくことは不可欠なのです。
データのバックアップさえあれば、公式店における1年以内の保証で無料修理という選択肢と、保証期間終了後の公式店か修理専門店かの選択肢のどちらも選ぶことができて、修理が必要になっても慌てずに対処することができると考えられます。

  • Posted on 17. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

多機能な小型のパソコン

ガラケーと呼ばれるフィーチャーフォンが、通話やメールをメインに利用するのに対して、スマートフォンはインターネットにアクセスしたり、さまざまなアプリケーションを利用したりといった具合に、利用用途がかなり違うことが一番の特徴です。
そのためスマートフォンはもはや携帯電話というよりは、もっとも小さなパソコンと考えた方がいいでしょう。
医療機関においても、携帯電話の電源はお切りくださいと言っていたのが、今やスマートフォンで患者自身に予約をしてもらい、診察の順番が近づいてきたらスマートフォンに知らせるというシステムを採っているくらいですから、医療機器にも何ら影響がないと思われます。
多機能なところが魅力ですが、多機能であるがゆえに、従来の携帯電話よりも故障する割合も増えてきました。

人気のiPhoneが故障したら大変

スマートフォンでもっとも人気があると言えば、やはりiPhoneでしょう。
新作が発売になるたびに買い替える人もいるくらいですので、ステイタス要素ともなっていると考えられます。
また、操作性のしやすさも人気の秘訣とあって、ユーザーが多くいますが、ユーザーが多いということは、それだけ故障させる人も多いということになります。
公式ルートを通じて修理を申し込むと、ユーザーの多さが裏目となってかなり待たされます。
1日くらいなら待つことができるけれど、それ以上は無理という人は、街中にある修理店を探してみるのがいいでしょう。

スマートフォンの普及によって増えた店

スマートフォンが急速に普及し、子供が持つことすらも珍しくなくなってくると、俄然街中に増えたのが修理を行う店です。
お年寄りでもまだまだ新しい物にチャレンジしたいという人は、早々にフィーチャーフォンからスマートフォンに乗りかえています。
子供は手が小さいことや、男の子であれば扱いが粗雑になりがちなことから、ガラスの破損はしょっちゅうということも多いでしょう。
高齢者となると、こちらは手の力が弱くなっているため、これまで使っていた携帯電話よりも重いスマートフォンが手の中から滑り落ちるケースがよくあります。
いずれもガラス、もしくは液晶部分の割れが修理要因としてもっとも多くなるでしょう。
そんな需要に正規店よりもすばやく、そしてリーズナブルに応えようと、駅前や繁華街を中心にスマートフォンの修理を専門に行う店が増えてきました。
店によっては、早朝から夜遅くまでオープンしているところもあり、出勤前に預けておけば、帰りには受け取れるという利便性から、多くの人が利用しています。

あらかじめ確認しておきたいこと

公式ルートで修理を依頼すれば、1週間以上はざらにかかるということを考えれば、とにかくスマートフォンがないのは困るという人にとって、当日から長くても翌日には修理してくれる修理専門店を利用するという選択肢は、考えておく余地ありです。
その際、ガラスの破損修理の代金として表示されているのは、ガラスだけの値段なのか、それともガラスの交換手数料も含めての金額なのかを確認してから預けるのがいいでしょう。
安いと思って選んだ店だったのに、交換手数料を含んでいなかったために、思ったよりも高額になったというケースもあるからです。

修理内容によって使い分けるのも一つの手

ガラスから液晶、さらに基部に至るまで損傷してしまった場合、できれば時間はかかっても公式ルートから修理の依頼をした方が、高価なiPhoneであればあるほど、安心です。
発売されてすぐの高価な物であれば、修理代の方が安くつくのではと思われるからで、公式ルートから修理にどのくらいの料金がかかるかを聞いておくといいでしょう。
一方で、ガラスだけ、バッテリーだけといった交換修理であれば、街中の修理店に持ち込んだ方が、早ければその場ですぐに修理してくれます。
軽微な修理の場合には修理専門店を選ぶなど、内容によって修理依頼先を使い分けることで、破損後の対応に必要な時間を短縮できます。

  • Posted on 12. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment