スマートフォンの薄型化

フィーチャーフォンと比べると、スマートフォンはネット接続でできることの範囲が大きく広がったことや、内蔵するカメラの性能がよくなったこと、さらには操作面全体がガラスであることなどにより、フィーチャーフォンよりも重量が増しています。
今後、フィーチャーフォンはなくなっていくとされていますので、フィーチャーフォンユーザーはいずれはスマートフォンに切り替えなければなりませんが、初めて持った時にその重さに驚かないようにしておく必要がありそうです。
また、全面をガラスで覆われているということは、これまで使っていたフィーチャーフォンに比べて、はるかに破損の確率が上がることを意味します。
フィーチャーフォンでも、屋外で立った状態で操作しているときにうっかり地面に落とせば壊れる可能性が大ですが、スマートフォンならほぼ確実にガラスが割れるでしょう。
下手をすると液晶や基部にまで損傷が及ぶかもしれません。
薄型化されて使い勝手がよくなった分、破損のリスクは高まったと考えてよさそうです。
特に慣れないうちは、くれぐれも落とさないように注意しなければなりません。

選ばれているのはやっぱりiPhone

初めてスマートフォンを持つという人の中には、本当はガラケーでいいのだけれども、周りが持っているからとか、ガラケーが壊れたので新しいのを買いに行ったら、スマートフォンのほうが安かったからといった理由で持つことになる人も多くいます。
そうした人たちはスマートフォンの違いがよく分からないことがほとんどなのですが、AppleのiPhoneが人気であることくらいは知っているという人もいます。
あの独特のリンゴのロゴマークが付いたものにしようといった程度でも、機種の絞り込みには役立つでしょう。
そんなiPhoneは、やはりスマートフォンのなかでも断トツの人気を誇っていますので、ユーザーが多いのが特徴です。
人気があり、多くの人が選んでいるなら問題ないと思われますが、実はある事態に遭遇した時に非常に問題になります。
それが、破損や損傷など、修理が必要な事態に陥ったときです。

公式サイトから修理を依頼

iPhoneの修理はApple社の公式サイトから、配送修理か持ち込み修理かのどちらかを選ぶシステムになっています。
配送修理の場合、電話もしくはメールで連絡をとると、指定の配送業者が取りに来てくれます。
持ち込み修理の場合はApple Store直営店、あるいはApple正規サービスプロバイダに予約をしてから持ち込みます。
店に持ち込めば、可能な限りその日のうちに修理して返すようにしてくれますので、近くに店がある場合は予約をして持ち込むのがもっとも早い修理方法です。
配送修理の場合は、業者が引き取りに来てくれますので、自分で持ち込まなくて済むメリットはありますが、修理を終えて戻ってくるまでにだいたい1週間かかります。
たいていの人は、1週間どころか、1日待つのさえ不便と感じるでしょう。
また、持ち込んだとしても修理内容によってはその場での修理が難しく、リペアセンターに送られることになり、そうなるとやはり1週間待たなければならなくなります。
これはひとえにiPhoneユーザーが多く、必然的に修理依頼件数も多くなるためです。

壊してしまいそうな人にはおススメ

スマートフォンを持ったら、落として割ったりしそうだと自分で思う人は、AppleCare+の特典として受けられるエクスプレス交換サービスが利用できるようにしておくのがおススメです。
これは、新品、あるいは新品同様のiPhoneを宅配便で届け、その場で壊れたものと取り換えてくれるサービスです。
出荷時の状態のiPhoneと交換になりますので、データのバックアップは必須ですが、バックアップが取れているなら速やかに交換してもらうことで、修理にかかる時間を大幅に短縮できます。

  • Posted on 23. 4月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA