公式では時間がかかりすぎることも

Apple社が行っているiPhone修理を利用すると、配送修理の場合は戻ってくるのに1週間かかります。
また、Apple Store直営店、あるいはApple正規サービスプロバイダに持ち込んで修理を依頼するとしても、事前に予約をしてからでないと、飛び込みで修理を受け付けてはくれません。
これは、iPhoneが人気のスマートフォンであることと、ユーザーが多いこととが大いに関係しています。
公式サイトから修理依頼をする方法がもっとも信頼がおけるのは間違いありませんが、なにしろ申込数が多いので、時間がかかるのが難点です。
1日持てなくなるだけでも不便なのに、1週間も待てないという人がほとんどでしょう。
例えば、破損の程度がかなり激しく、基部まで壊れていそうだとなった場合には、公式なルートで修理をしてもらうのが安心ですし、そうしたいという人も多いでしょう。
けれども、例えば液晶を覆っているガラス面にひびが入っただけで、液晶部分は問題なく反応しているというのであれば、ガラスの交換だけで済む話です。
それなら、もっと早く直してくれるところはないだろうかと探すのが、急いで修理してしまいたい人の本音だと思われます。

専門に修理を引き受ける店がある

正式に修理を依頼したいからと予約をしたものの、直営店にはすでに修理待ちの人が大勢いるということもあり得ます。
そうなると、その日中に修理ができたとしても、ショップが開いている時間に取りに行けなければ、翌日以降にしか受け取れません。
また、開店時間には仕事をしていて、さらに閉店時間後にしか仕事をあがれないという人であれば、休みまで待つか、家族の誰かに頼んで引取りに行ってもらうしかないでしょう。
公式ルートを通しての当日修理は、かなりの割合で当日に受け取れないというケースも多いのが実情です。
その点、iPhoneを専門に修理している業者であれば、予約なしで飛び込みで行っても対応してくれるところがほとんどです。
繁華街やビジネス街に近いところに店を構え、比較的夜遅くまで営業していますので、仕事を終えてから立ち寄ることができます。

ガラスの交換だけなら正規修理より安い

画面が割れた状態はもちろんのこと、液晶まで交換が必要だったとしても軽度の損傷であればその場で交換が可能です。
iPhoneのどのシリーズなのかによって修理代金は変わってきますが、だいたいにおいてApple社で設定している修理代金より安く交換できると考えていいでしょう。
ガラスにひびが入ってしまったという程度であれば、むしろ公式修理に申し込むより、早くて安く交換できる修理業者を使う方が、とにかく素早く修復することができます。
液晶の損傷が重度であった場合も、料金はあがるものの、修理対応はしてくれますので、相談してみるのがおすすめです。

ガラス破損だけじゃない

修理依頼の内容で最も多いのが、ガラス面が割れたり、ひびが入ったというものですが、中には電源ボタンが反応しないという故障もあります。
この場合も、修理店に持ち込むことによって、iPhoneスリープボタンの交換修理をやってくれます。
さらに、ホームボタンの修理やカメラの交換修理も受け付けていますので、公式修理以外の選択肢としては、iPhone修理を専門に手掛けている店を探すのがいいでしょう。
便利な場所に店舗を構えていますが、場合によっては待たなくてはならないことも想定し、オンライン予約をしておくという便利なサービスもおこなっています。
店に行ける時間がほぼ特定できるのであれば、予約をしておくことで、優先的に修理をしてもらえます。
修理内容によっては30分で済む場合もあれば、1時間程度かかることもありますので、店舗の営業時間内に終わらせたい場合は、予約してから行くのが安心です。

  • Posted on 10. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA